さくらインターネットでプラン変更してみた。

昨年より、https化対応の遅れから、はてなブログからWordpressに移行されるブロガーさんをよく目にするようになりましたね~

よーし、私もやってみよう「Wordpress」!と思い立ちました。そこで、Wordpressに必要なもの、まず、

「独自ドメイン」!

私は、小さな会社を経営しており、会社案内用として、独自ドメインを持っています。さくらインターネットのサーバーにホームページを載っけてました。ってことで、早速さくらインターネットでのWordpress対応に関して調べてみました。会社案内用のしょぼいホームページだったので、容量も小さく、最安の”ライトプラン”

10Gで129円/月、安い!これで十分!って思ってたんですけど・・・・・

[TOC]

ライトプランでは、Wordpressが使えない

な、な、なんと、ライトプランではデーターベースが使えない!ってことは、Wordpressが使えない!Wordpressが使えるのは、スタンダード以上とのこと。

SQLiteとプラグインを使うと、使えるようになるらしいが・・・・

ってことで、スタンダードプランに変更しようと思い、さくらインターネットのページで調べてみると、

さくらインターネットは、プラン変更ができない!

ということは、現状のライトプランは継続して、新規にスタンダードプランに加入し、移行後、ライトプランを解約という手順を踏むしかないみたいです。ここで、さくらインターネット解約時の請求に関して整理します。

 

変更手順

ここから、実際の変更手続きに入っていきます。

スタンダードプランに新規加入

https://www.sakura.ne.jp/にアクセス。

ここにいれる初期ドメインは、ライトプラントとは違うものにしないといけないとの事(当然か!)。私はちょっと勘違いしてました。”また、新たにドメインをとらないといけないのか?!無駄な費用がかかるな~”と。ここにいれるドメインはあくまでもさくらインターネットにログインするためのものであって、いわるゆ会員ID的なものだったんですね~。

ライトプランの会員なんでこっちをクリック。

年間一括払い(2か月分お得なんです!)を選択。クレジットカード払いを選択。

 

その後、「仮登録完了のお知らせ」というメールが来て、そのメールに従って本登録すれば、無事、スタンダードプランの申し込みが完了です。

ライトプランのサーバーのバックアップ

旧サーバー(ライトプランのサーバー)のウェブデーター一式を、ローカル環境へダウンロードします。ライトプランを解約するまでは、サーバーにデーターを残しておいてもいいと思います。

独自ドメインの削除

ライトプランのドメイン、パスワードでログインします。ドメイン/SSL設定をクリック。

 

間違いがないかを確認して送信。このドメインの削除が、DNSに反映されるのに1時間ほど待ちました。

 

スタンダードプランのサーバーにドメインを追加

スタンダードプランのドメイン、パスワードでログインし、ドメイン/SSL設定をクリック。ドメイン一覧から、新しいドメインの追加をクリック。

 

さくらインターネットでドメインを取得していますので、「さくらインターネットで取得したドメインを使う」で「ドメイン名」を選択し、「送信」をクリック。

 

このドメインが反映されるのに約1時間ほどかかりました。ドメインの削除から反映まで2~3時間ほどかかります。その間、ウェブの閲覧もメールの送受信もできません。私はメールの来そうにない深夜に行いました。

メールアドレスの設定

スタンダードプランのサーバーに、メールアドレスの設定を行います。送受信、問題なければ、これで完了です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です